ミノキシジルについて

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)で発毛の難しい生え際のM字ハゲを克服

生え際(M字)の発毛はかなり難しい

薄毛治療の中でも、生え際の発毛は非常に難しいと言われています。その原因ははっきりしておりませんが、生え際は悪玉男性ホルモンの影響を受けやすく医薬品の効果が発揮しにくいようです。

高い発毛効果で知られ、世界中で愛用されているロゲインでさえ、頭頂部の発毛に比べると生え際の発毛には効果が認められておりません。

ところが、AGA(男性型脱毛症)には頭頂部から髪が抜けていくタイプのものと、生え際から後退していくタイプのものがあります。

もちろん、両方から同時に髪が抜けていくケースもありますが、生え際の後退からAGAが始まることは珍しいことではありません。そんな中、生え際の後退いわいる「M字ハゲ」だけ発毛を諦めなければならないというのは不公平な話しです。

そんな、生え際の後退で悩んでいる方のために、ここでは、前頭部にもしっかり効く錠剤タイプのミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)」をご紹介いたします。

人気の海外製排卵検査薬と排卵検査器をおすすめ順に並べてみました。

ミノキシジル含有5mg/10mgのミノタブ

有効成分ミノキシジルは血行を促進し発毛を促す効果がありますが、多くの薬はミノキシジル濃度が少ないせいか、生え際の発毛には効果が認められません。

ミノタブには、ミノキシジル5mg/10mgの2種類があり、特に後者は塗布タイプのロゲインよりも高濃度の含有量であり、さらには経口することで体内から直に頭皮に働きかけるので、更に高い発毛効果に期待が持てます。

カークランド5%

とはいえ、当然ミノキシジルも使い続ければ耐性ができてしまうこともありますので、初めは低い濃度のものから始めるのが一般的です。

ミノキシジルタブレットは5mgのものと10mgのものから選べますが、ご自分の抜け毛具合や体調などと相談して、ゆっくり発毛していくことが望ましいでしょう。

ネズミ駆除で殺鼠剤や粘着シート・ねずみ捕りを使った駆除・退治・捕獲は悲惨!

ミノキシジルの効果と副作用

ミノキシジルの効果・効能はなんといっても発毛力です。

この点が、脱毛予防のプロペシアとは本質的に異なります。副作用としては、胸の痛み・むくみ・めまい・動悸・血圧の低下などが報告されており、場合によっては肝臓に障害が出ることもあります。

上記のような副作用の他にも、「体毛が濃くなる」という現象も見られます。体調に影響するものではありませんが、これらのことも頭の隅においた上でミノキシジル含有医薬品の使用をご検討ください。

発毛を始めたばかり、抜け毛が気になりだした方

発毛を始めたばかりならば、長期的な効果や副作用の点から考えても、有効成分の濃度が低く、低刺激のものから使うのが薄毛治療の王道です。

ロゲインは、髪が少なくなってからまだ時間がさほど経っていないのであれば十分に高い発毛効果が期待出来ます。ただ、頭頂部の発毛は期待できますが前頭部にはあまり効かないという特徴があります。

また、抜け毛が気になりだした方ならば、新しい毛を生やすことよりも、まずはこれ以上髪が抜けていかないようにすることが先決です。

フィナステリドを含有したプロペシアやフィンペシアを用いることで、毛周期を正常な間隔に戻し、抜け毛の進行を食い留めることが可能です。併用治療もできますので、プロペシアやフィンペシアで抜け毛の進行を抑え、ミノキシジルタブレットやロゲインで発毛を促している方も多くおられます。

スチームクリーナーって便利そう!でも、通販で購入して後悔している人が多いです